スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーローン 審査

フリーローン 審査

消費者金融の審査は、3つの段階によって進められております。以下で流れを説明させて頂きますが、消費者金融の審査が始まるのは、アナタが消費者金融へ申し込みをした後に始まります。
インターネットからだと、申し込みフォームを送信した後です。店舗も同様にフォームを記入した後ですが、店舗での申し込みの場合、アナタの身なり・言動・質問に対する答えなどを細かく見られます。

お店に入った時点で審査は始まっているのですね

と思うくらい慎重になった方が良いでしょう。私は個人的にネットからの申し込みを勧めます。


1.信用情報の照会
まず、業者はアナタが記入したフォームをもとに、個人の信用情報データベースからアナタの借入状況・ローン情報・カードの支払情報・などなど…アナタの現在に至るまでの借り入れや申込履歴を照会して見ます。個人情報のデータベースには、今まで組んだローンや、借り入れた金額や、返済状況などを見ることが出来ます。
他社からの借り入れが多すぎたり、返済が滞っていることが多く見られるようなら、すぐにこれはマイナスなイメージとなり、業者によってはこの時点で審査基準に達しない場合があります。
借り入れもした事無いし初めての利用である、あったとしても返済を滞り無くしている、という方は得に心配しないで良いと思います。

2.スコアリング
スコアリングとは、申し込みフォームの内容をもとに、アナタに点数を付けていく感じです。減点方式なのかとか、どこまで達していれば審査基準に達するのかとか、そういった情報はわかりません。
ただ、アナタの勤務先、年収、年齢、住居、家族構成、などからスコアリングし、貸し付けた場合の限度額などがここで算出されます。もちろん、信用情報の情報も反映されます。勤務先も大手で、年収も多く、住居年数も長い、といったようにスコアリングが良くても借入先が5件、6件とあって返済も滞りが多いようなら審査も難しくなるでしょう。

3.在籍・在宅確認
最後の確認のようなものです。アナタが申し込んだフォームの情報に嘘・偽りが無いかどうかの確認です。記入した勤務先に本当に勤務しているかを電話で確認してきます。ここの住宅に本当に住んでいるかどうかの確認です。実は住所不定無職だったりしたら金融業者側は大変ですからね。
基本的には、職場へかけてくる時も、個人の名前であたかも知り合いのようにかけてくる場合や、保険会社の営業マンによる勧誘のふりをしてかけてきたりするので、会社や家族に借金をすることがバレたりはしないでしょう。自宅へ電話する時は家族の者が出ればOKですが、誰もいない場合は留守電に自分の声で留守録メッセージを残しておくのが賢いですね。

基本的には上記の1→2→3の段階の流れで審査が行われています。審査が通れば融資が受けれます。インターネットから申し込んでも、電話で申し込んでも、店頭で申し込んでも上記の審査の流れは変わったりはしません。

上記でも記しましたが、私のお勧めはインターネットからの申し込みです。

【私の場合】
私自身、対面で人と話すことも少し苦手だし、ましてやお金を借りるとなると緊張の故、知らず知らずのうち審査に悪影響なこと言ってるかもしれませんし、髪ボサボサで身なりも良くないので…こりゃネットから申し込むほうがいいな…って思いました。

インターネットからだと、電話での本人確認くらいなので、得に緊張もしないしわりとスムーズに話も進められたので印象は良かったと思います。
ということで、人によるかもしれませんが私の場合はインターネットからの申し込みが審査に通ることに繋がったような気がします。


インターネットからの申し込みは難しくはありません。どんな貸金業もホームページはとても簡単な作りです。消費者金融や銀行キャッシングの利用者は、年齢も幅広く、学生や専業主婦から定年した年配の方まで様々です。誰が見ても簡単に申し込みまですすめるような作りになっているので、一度覗いてみるとよいでしょう。
細かい個人情報などを入力しなくても、お試し診断返済シミュレーションが出来たり、総量規制対象外のカードローンや、審査に通りにくい人へ向けた無料相談所などもありますし、ここのサイトは利用者の目的別に業者が分かれていて得にわかりやすいので、参考にして頂ければ幸いです。

下記の2つのサイトから、自分に合った条件から業者を探しましょう。


オススメサイト
▼キャッシング初心者向け
借入件数4件以内の方へオススメ

▼すでに借入件数が多くある人向け
借入件数5件以上の方へオススメ



スポンサーサイト

フリーローン 低金利

フリーローン 低金利


大変便利で手軽に利用できるローンとして、消費者金融会社が提供するカードローンというものがあります。気軽に利用できるカードローンであるがゆえに、計画性を無くしてしまった利用者が多重債務になってしまうということも多々あります。

低金利カードローンの中には、ローンを一本化して、多重になってしまった債務を救済するためのカードローンというものもあります。
そのような多重債務者向けの低金利カードローンは色々は商品名で呼ばれるようですが、主におまとめローンと呼ばれることが多いといいます。ローンのおまとめをしなくてはならないほどの多重債務になってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

最も借り換えにあたり重要視しなければならないことは、低金利のローンだということではないでしょうか。大切なことは最も低金利でカードローンができる金融機関を探すことです。

金融機関ごとでローンの金利は違ってくるからです。どんなに低金利カードローンで、おまとめすることが可能であったとしても、利用するには審査があり、審査に通らなければどうにもなりません。全ての今まで利用してきたカードローンに関わる情報というものは、信用情報機関に記録が全部残っています。審査には、借りている件数や金額が多いほど通りにくくなりますし、さらに延滞などがあったら審査は通らないということもあり得ます。審査の傾向としては、低金利であればあるほど、厳しくなるということです。

低金利のローンであったとしても利用している期間は利子がつくので、お金を借りる場合には、しっかりと返済計画を立てた上で低金利カードローンを利用するようにしましょう。

オススメのカードローン業者一覧

↑総量規制が実施されて消費者金融と銀行が提携している今の時代、この銀行系キャッシングが今までに無い低金利のキャッシングを実現させてます。

今一番オススメのキャッシングと言っても過言ではないでしょう。

借入件数が5件以上と、借入件数が多くてお悩みの方は大手では無く、中小消費者金融などを狙った方が良いでしょう。↓のサイトでは何社か中小消費者金融が紹介されてます。

中小消費者金融キャッシング

他にも多重債務者へオススメのサービスで充実しています。借金をまとめるおまとめローンや、債務整理、過払い金請求などもあります。多重債務でお悩みの方はコチラをのぞいてみましょう。
低金利 カードローン業者
▼借り入れ件数が4件以内の方▼
消費者金融比較ガイド
>>モバイルサイトはコチラ

▼借り入れ件数が4件以上の方▼
消費者金融比較 キャッシングガイド
>>モバイルサイトはコチラ

消費者金融|キャッシング|銀行|融資|借入|金融|お金|現金|資金|返済|借金|支払い|入り用|キャッシュカード|クレジットカード|審査|保証品|無審査|ブラック|信用情報|個人情報|インターネット|ATM|金利|年利|利息|無利息|年率|実質年利|実質年率|低金利|高金利|給料日|引き落とし|遅延損害金|催促|取り立て|悪徳|詐欺|ヤミ金|闇金|電話|在籍確認|申し込み|甘い|過払い|債務整理|借り換え|貸付|残高|総量規制|貸金業法|出資法|利息上限法|口コミ|評判|無職|フリーター|アルバイト|専業主婦|サラリーマン|学生|年収|住宅|不動産|担保|自動車|ローン|


BBS7.COM
MENURNDNEXT
プロフィール

おすすめ カードローン フリーローン 低金利

Author:おすすめ カードローン フリーローン 低金利
低金利のカードローンをご紹介。オススメは銀行系カードローンの低金利なキャッシングです。

オススメ低金利カードローン

借り入れが多い方へオススメ業者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お勧めキャッシング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
~相互リンク集~
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。